1. TOPページ
  2. 古紙の重さについて
  3. ≫未使用のパンフレット

未使用のパンフレット

未使用のパンフレットの重さを量ってみました

事業系の古紙を回収していると未使用のパンフレットが出る事があります。

年度が替わり新しい物に入れ替える為や、販売している商品の入れ替え等の時に排出されるようです。

今回は、この未使用のパンフレットの重さを量ってみました。

もちろんパンフレットと言っても紙の質や大きさ等によって重さは変わるので、皆様のパンフレットと同じ重さになる訳では御座いませんが、参考になると思いますのでご覧下さい。

今回量ったのは次の段ボールに入ったパンフレットです。

未使用のパンフレット

未使用のパンフレットです。

未使用なので梱包の段ボールも未開封のままです。

段ボールを開けて中を見て見ましょう。

開封後

このように束が4束入っていました。

1束につき30部のパンフレットが茶色い包み紙で梱包されています。

それでは、この4束入ったパンフレットの重量を見てみましょう。

段ボールごと計量しました。

パンフレットの重さ

上の画像のように33.3キロと結果が出ました。

このように未使用の物は面積は小さくても意外に重いです。

人の重さ位のパンフレット

33.3キロの物が2箱で66.6キロです。

これだけで成人男性の重さくらいになってしまいます。

100キロパンフレット

3箱でちょうど100キロ位になります。

このように紙は重い物です。

次は、この台車に出来るだけ積んでみましょう。

300キロ位のパンフレット

ご覧のように9箱を台車に積めました。

これで300キロになります。

未使用の物は、制作された工場から出荷された状態のままなので紙に「しわ」も無ない状態なので、面積は小さいですが重量はあります。